英語を話せるようになりたい!外国旅行が好き!会社でTOEICスコアアップを迫られている!英語の悩みを解決したいetc. そんなあなたに、TOEIC970点で外国人と英語でビジネス交渉経験があり、現在、企業内の語学研修講師を務めるJessieが、必ずできる英語習得のコツをお教えします。
Entry
Categories
Archives
Link
Profile
Material
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Others


スポンサーサイト
2009/08/05

一定期間更新がないため広告を表示しています


知って得する!カタカナ英語の本当の意味(その1)−セレブ
2008/02/26 08:00
最近、日本で定着してきた「セレブ」の本当の意味を知っていますか?

「それは、お金持ちのマダムのことでしょ!」
「セレブご用達のお店として、高級レストランが紹介されていた!」

そう。日本では、どうもお金持ちで、女性をさしていますよね。

ともすると、若くて、リッチな女性のことが、「プチセレブ」とも呼ばれたりもします。

「セレブ」は、「セレブリティー」(celebrity)の略語だと思われますが、実は、意味は異なっています。

英語でも、celebと略語を使うことがありますが、
celebrityの意味は、
「有名人、著名人」という意味であり、
日本語の「金持ち、贅沢」というニュアンスはありません。
おそらく、例えば、日本でも有名な海外有名人など(ブラッド・ピットやアンジェリーナ・ジョリーなど)のcelebrityは、ビバリーヒルズの豪邸に住み、お金持ちですから、「セレブ」=「お金持ち」として、日本で使われるようになったのではないかと推測します。

お金がなくとも、有名ならばcelebrityであり、
逆にどれだけ金持ちでも名前が知られてなければcelebrityではないのです。


スポンサーサイト
2009/08/05

Comment










この記事のトラックバックURL

http://daredemoeigo.jugem.jp/trackback/10

この記事に対するトラックバック