英語を話せるようになりたい!外国旅行が好き!会社でTOEICスコアアップを迫られている!英語の悩みを解決したいetc. そんなあなたに、TOEIC970点で外国人と英語でビジネス交渉経験があり、現在、企業内の語学研修講師を務めるJessieが、必ずできる英語習得のコツをお教えします。
Entry
Categories
Archives
Link
Profile
Material
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Others


スポンサーサイト
2009/08/05

一定期間更新がないため広告を表示しています


音読で最速で英語を習得しよう
2008/02/19 22:23
学んだ英文は、必ず声に出して読みましょう。
実は、音読は、効率のいい勉強方法なんです!

なぜ、効率がいいのか?

テキサス大学のヴァーノン・マグネセン博士が行った記憶に関する研究によれば、
複数の感覚を使ったとき、その行動が記憶に残りやすいという結果がでています。
(コリンローズ著コリン・ローズの加速学習法実践テキスト―「学ぶ力」「考える力」「創造性」を最大限に飛躍させるノウハウダイヤモンド社より)
音読は、文字を見る(視覚)、声を出す(喉、口の筋肉、感覚)、自分の声を聞く(聴覚)を使いますよね。
3つもの感覚を使っていますね!

文法解説の例文も、
「ふむふむ、そういう仕組みだったのかー」

文法の練習問題も、
「あってたぞ、オッケー、オッケー」
「ガーン、間違ってた。これじゃだめだ」

リスニング教材も、
「なんとなく、理解できた」
「理解確認問題は、なんとなくできた」

と言って、本やテキストを閉じていませんか?

勉強したら、必ず最後に声に出して読みましょう。
大きな声が望ましいですが、夜、家族の方が寝ている間に勉強されている方や、
電車の中で学習されているビジネスマンの方、ぼそぼそ声でも構いません。

身体(口、喉、顔の筋肉など)を動かしていただきたいのです。

せっかく、忙しい時間を割いて学んだ英語です。
効率的に習得したいと思いませんか?

それならば、学習に身体を動かすことを加えます。
特に、英語は「話して」なんぼ、使えるかどうかと考えられることが多いです。

今、現在は、自分で英文を構築することはできないかもしれませんが、
決まった英文を読むことによって、話している模擬体験ができます。

さらに言えば、どんな状況でその英文が使われるかまで想像して読んでください。
そうすれば、さらにその英文が記憶に残りやすくなります。

It's amazing! (それは、びっくりだね!)は、
例えば、小学校のときの友人に20年ぶりくらいに空港でばったり会ったんだ!というときかな、どのくらい驚いたときなんだろうとか・・・
思いをはせてみるのです。

さらに、記憶は、感情を伴うと残りやすいそうです。
(記憶をつかさどる海馬は、感情を担当するパートの近くにあるという脳の構造によるものだそうです。)

音読+想像力であなたがもつ英語の例文ストックを増やしていきましょう。

英語が話せた!自分に驚いた!うれしかった!【10日間お試し期間付】



JUGEMテーマ:語学習得


JUGEMテーマ:外国語学習